閉じる
閉じる
閉じる
  1. 自衛隊体験記【8】
  2. 「創り主の御名」
  3. 「創り主の御名」
  4. 「失敗させる心」
  5. 愛の完成
  6. 「変わることのない神」
  7. 「幸いな人の結ぶ実」
  8. 口ずさむ幸い
  9. 慎むべき事
  10. 祝福される人
閉じる

ハレルヤ・ライフ-Hallelujah Life-

春の馬

先日、三浦春馬の遺作とされる映画「天外者」(てんがらもん)を
映画館にて観る事が出来ました。

幕末から明治にかけて混迷する日本を経済で豊かにし、
諸外国と対等なるべく奔走した五代友厚と言う人物を
三浦春馬がはつらつとした演技で好演していました。
期待を裏切らない作品でした。

終了後、拍手がおこりましたが、その後誰も立ち去らないので
どうしたのかなと思っていたら生前の彼の撮影中の素顔や
笑顔で挨拶したり、ほっとした様子などがスクリーンに流されました。
それを見てすすり泣いてる人もいました。

自死の理由は本人にしか分からないものでしょう。

主人公五代友厚が最後、大勢の反対者の怒号の前に、病いを押しただ一人立ち、
隠れて血を吐きつつ声を振り絞って人々を説得する壮絶なシーンは、
三浦春馬そのものの叫び声にも聞こえました。

五代友厚は50歳で亡くなったけれど
三浦春馬はまだ30歳の若さ、惜しまれます。

そういえば、日本絵画の巨匠東山魁夷の作品には、
片隅に白い馬が描かれています。

東山魁夷によれば、その白い馬は「祈り」を表現したとありました。

春の馬は白い馬になってひっそりと
絵画の中に佇んでいるように私には思えるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画ノベライズ 天外者 [ 小松 江里子 ]
価格:1485円(税込、送料無料) (2021/2/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新・五代友厚伝 近代日本の道筋を開いた富国の使徒 [ 八木 孝昌 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2021/2/26時点)

関連記事

  1. 地震

  2. 猫は畳がお好き

  3. 母たちの味

  4. 聖霊様の満たし

  5. わたしの大好きな場所

  6. その後のクロ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最新ブログ

  1. 2022/1/4

    愛の完成
ページ上部へ戻る