閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「創り主の御名」
  2. 「創り主の御名」
  3. 「失敗させる心」
  4. 愛の完成
  5. 「変わることのない神」
  6. 「幸いな人の結ぶ実」
  7. 口ずさむ幸い
  8. 慎むべき事
  9. 祝福される人
  10. 聖霊様の満たし
閉じる

ハレルヤ・ライフ-Hallelujah Life-

私の人生【5】

人生初の退職が決まり、次の職を探していた時、
店のお得意様で自衛隊の方が来店された。

服の選定が終わり、カウンターで
自衛隊の様子を聞くことが出来た。

最初は自分とは縁遠い世界で、自分の将来を決める
大きなきっかけになろうとはその時思うはずも無かった。

そのお客様が帰った後ふと考えた。
今まで3つの選択肢があった。

1:靴屋
2:ツアーコンダクター
3:洋食器屋の店長

しかし、どれも日曜日が休める仕事ではなかった。

なので私が希望する条件に当てはまらなかった。

しかしどうだろう。よーく考えてみると・・・

●自衛隊は、まず日曜祝日は基本休み。念願の教会に行くことができる。

●衣食住はただ。給料は安いがボーナスもあり、親にも少しは仕送りができそうだ。

●体力をつけるには持って来い。(妻曰く、あの頃のあなたはてっきり色白だと・・)

●中学・高校の6年間、吹奏楽に打ち込んでいたので、自衛隊音楽隊に入れたら、
前線に行かなくても良いじゃないかと勝手に妄想する自分がいた。

教会に中々行けない自分は、祈り方も良く分からなかったが、
とつとつながら天の神様に真剣に祈った。

そして次第に自衛隊入隊が神の導きに思えるようになって行った。

と言うわけで、自衛官募集事務所に電話をかけた。

しかし、あの時代平和な日本が続いていたためか、
東北管内の募集は全く無い。

と言われ最初から躓いてしまった。

ただ、関東地区であればまだ募集がある。
ただし音楽隊はすぐには入る事は出来ない。

しかし本人が音楽隊に入りたいと言う希望は伝えておくと言う約束で、
何とかそこに希望をつないで申し込みをした。

青森から一歩も県外に出たことがない私にとって、
関東に行く事はかなり緊張することだった。・・・続く

箴言3:6
「あなたの行く所、どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道を
まっすぐにされる。」





関連記事

  1. 私の、音楽との出会いII

  2. 自衛隊奮闘記 7

  3. 義に飢え渇いている者

  4. 自衛隊入隊記 【4】 

  5. 「創り主の御名」

  6. あなたは、赦(ゆる)せない人がいますか?

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新ブログ

  1. 2022/1/4

    愛の完成
ページ上部へ戻る